プロポリスサプリに副作用あるの?おすすめはこれだ

プロポリスサプリの副作用ってどうなの?こんなおすすめ

プロポリスの成分・抽出方法

 

プロポリスは体によいといわれていますが、どうして体に良いのでしょうか?今回はプロポリスに含まれている成分や抽出方法による違いについてご紹介しましょう。プロポリスを作っている原料は、樹液、樹脂、花粉、芽、つぼみなどの植物です。

 

その数は数千種類とも数万種類ともいわれ、非常に多くの成分を含んでいるのですが、現在確認されているのは約300種類ほどだといわれています。特に豊富に含まれている「フラボノイド」に注目が集まっていて、これは植物が自分の体を守るために生み出した物質で、抗酸化作用があると言われています。

 

抗酸化物質というのは、酸化(=老化、さび)を防ぐ物質で、アンチエイジングの分野で注目されているものです。プロポリスに含まれるフラボノイドは何と20種類以上で、これらは少しずつ性質が違っているのですが、どれも私たちの体調によい影響を与えてくれるものです。

 

そして、細胞を健康な状態に調節してくれるアルテピリンCや、p-クマル酸など、健康業界で注目されているを物質も数多く含まれています。それだけではなく、さらに各種の栄養素もバランスよく含まれていて、アミノ酸、有機酸や、鉄やマグネシウムなどの各種ミネラル、またビタミンB1、B2、ビタミンE、葉酸など、プロポリスだけでも多くの栄養を摂取することが可能なのです。

 

このように、体にいい物質をたくさん含んだプロポリスですが、これは一つの方法ではなく、それぞれの性質に合った数種類の方法で抽出することによって、その成分をムダなく抽出しています。たとえば、「水」は水溶性の物質を抽出し、「アルコール」ではフラボノイドなどの物質を、さらに圧力や温度を調節して「超臨界」という方法を取ると、デリケートな微量の変質も防ぎながら取り出せます。

 

こうして抽出した成分の中から、さらに余分なものを取り除いて、できたものをブレンドすることによって、原料から余すところなく丸ごと摂取できる理想的なサプリができあがっているのです。ですから、プロポリス製品を選ぶ際のチェック項目として「抽出方法」というのは大事なポイントといえるでしょう。

 

プロポリスが効く病状

 

プロポリスの成分はいろいろな病気の治療に効果があると言われています。ここでは、そうした疾病の例を挙げて説明していきたいと思います。まず、低血圧に効果があると言われています。低血圧になると、血圧の調節機能が弱ってしまい、血液を全身に運ぶ力が低下している状態になります。

 

すると、新陳代謝が悪く、冷え性、立ちくらみなどの症状が起こるようになります。プロポリスの抗酸化作用は循環器系の器官を活性化させ、毛細血管を保護して血圧を正常にする働きがあります。そうして血行が促進されるようになると、全身状態も良くなって、活発さが戻ってきます。

 

続いて蓄膿症にも効果が見られます。慢性的に副鼻腔に炎症が起き、膿が溜まってしまう状態を蓄膿症と呼びますが、蓄膿症になると呼吸が億劫になるだけでなく、頭痛や顔の痛みも起き、集中力も途切れがちになるなど、二次的な影響が大きい厄介な病気です。

 

体内に悪い菌が繁殖しにくい環境になっているので、これをプロポリスの抗菌作用で粘膜の炎症をおさめ、炎症が落ち着くことで膿も出なくなり、鼻が通ってきます。リウマチにも効果があります。リウマチになると、免疫力が自らの正常な組織を痛め、膝や手の関節の痛み、変形などの症状が起こります。

 

進行性の病気ですから、放置すればより悪くなり、全身の組織にリウマチの炎症が起きてしまう場合もあります。プロポリスを根気強く摂ることで症状の悪化を防ぎ、炎症による痛みを軽減することができますので、痛みによる歩行困難など、日常生活の中での苦痛をやわらげる効果が期待できます。

 

胃に炎症ができる胃炎にも効果を発揮します。たとえば、胃や十二指腸に悪影響を与え、胃炎の原因になるピロリ菌は一度感染すると、薬を使って除菌しない限り消えませんが、薬を使うと副作用が心配になります。プロポリスは医薬品ではないものの、研究の結果、ピロリ菌の増殖を抑え、撃退する作用が確認できています。

 

慢性病で実は怖い病気である糖尿病にも効果があります。血糖値が高くなってしまい、それによって「インスリン抵抗性の低下」が起こる状態をプロポリスの成分が食い止めて、改善に導く作用があることがわかっています。糖尿病はできるだけ早期に対策をしていくことが重要です。

 

プロポリスを愛用している方の中には、抗ガン作用を期待して摂取している方が実は多いそうです。これは、プロポリスの成分のうち桂皮酸誘導体の一種「アルテピリンC」に細胞の異常増殖を抑える効果があり、ガンにも有効だと考えられているからです。まだまだ効果について医学的な確認がされている最中ですが、今後のさらなる研究に大きな期待がかかっています。